小松菜捕獲終結!壌土つくりとにんじんの種まき

5月頃に元を撒いた小松菜も無事に皆収穫完了しました。
今までにないがたいに成長して、市販の産物よりも適切ものが収穫できたのは嬉しいし、単なる確信になったかもしれません。
かきとり収穫等も行ってほんのり最後のあがきをしていましたが、とうが立ってきたということもあり、皆収穫。
ぼっかりとあいた空席を何に使おうかと悩んでいましたが、元手提げ袋を眺めているとにんじんがあったのでにんじんを撒くことに。
なんとなく調べてみると多少酸性の大地で大丈夫という事で、小松菜跡地を素晴らしく耕して化成肥料を施すだけにしました。
とうがわずか小松菜の根が僅か残っていましたが、ぐっすり育ちすぎて野性のダイコンのようなぶっとい根があり驚嘆。
きれいに取り除いて深めに耕して手配エンド。
2条撒きにして筋蒔きしていきます。
元が小さくて軽々しいので僅か困難でしたが、1cmテンポに撒いてオペレーションやめ。
あとは発芽を待つだけだ。
年的には大層遅めなのできちんと発芽することを祈ってある。急にお金が必要