小松菜捕獲終結!壌土つくりとにんじんの種まき

5月頃に元を撒いた小松菜も無事に皆収穫完了しました。
今までにないがたいに成長して、市販の産物よりも適切ものが収穫できたのは嬉しいし、単なる確信になったかもしれません。
かきとり収穫等も行ってほんのり最後のあがきをしていましたが、とうが立ってきたということもあり、皆収穫。
ぼっかりとあいた空席を何に使おうかと悩んでいましたが、元手提げ袋を眺めているとにんじんがあったのでにんじんを撒くことに。
なんとなく調べてみると多少酸性の大地で大丈夫という事で、小松菜跡地を素晴らしく耕して化成肥料を施すだけにしました。
とうがわずか小松菜の根が僅か残っていましたが、ぐっすり育ちすぎて野性のダイコンのようなぶっとい根があり驚嘆。
きれいに取り除いて深めに耕して手配エンド。
2条撒きにして筋蒔きしていきます。
元が小さくて軽々しいので僅か困難でしたが、1cmテンポに撒いてオペレーションやめ。
あとは発芽を待つだけだ。
年的には大層遅めなのできちんと発芽することを祈ってある。急にお金が必要

英国のEU挫折の反響って著しいですね。

英の国民投票でEU別離派が制圧しましたね。世界的に株価が下がるみたいで、金曜日には国中も同時に下がってしまいましたよね。月曜日は上がってきているみたいですけど。
EU別離の反映って私の生活には大して関係ないのかなって思っていたんですけど、円高が進んだり日本企業が何かと影響を受けると経済も悪くなってしまうのかもですよね。やりくりで経済がいいなっておもうことは僅かんですけど、経済が悪くなるともちろん国中概要が盛況なくなっちゃう感じがしますよね。この先一切経済が悪くならないことを祈ります。
英はEU別離が勝利したけど、本当に別離始めるまでには2階級は要するって記事で言ってました。進行も色々あって困難んですね。一心に結婚より離別のほうが面倒だって訊くけどそれとおんなじムードなんでしょうかね?
以前欧州行った時折、EU圏内は出入国も楽だし、英は違うけど通貨も統一されているから両替の手間も減って思い切り良かったです。お出かけでいくには良いことずくめだけど、そこに生活していると不安も起きるんですね。すっぽん小町 楽天